「外貨ネクスト」全会員様を対象とした
「外貨ネクストネオ」への口座移動の完了に伴い、
「外貨ネクスト」のサービスは終了しました。

『外貨ネクスト』全会員様を対象とした『外貨ネクストネオ』への口座移動「自動ポジション・資金移動」の完了に伴い、当社では2013年12月21日(土)をもちまして、『外貨ネクスト』における店頭FXサービスを終了いたしました。

外貨受渡し 割高な銀行の手数料

大手都市銀行・外貨取扱手数料(為替手数料)と「外貨ネクスト」の取引手数料
(2010年11月1日現在)

一般に銀行で外貨を売買する場合の手数料は、為替レートに手数料分を上乗せしてお客様に提示する方式を取っています。

通常、銀行の窓口に掲示されている為替レートには、例えば米ドルだけでも単一ではなく、「TTS」や「TTB」と書かれた複数のレートが表示されています。これらの単語には次のような意味がございます。

TTS: 「Telegraphic Transfer Selling rate」の略で、日本語では「対顧客電信売相場」と言われています。銀行のお客様に対する外貨の売値(=お客様にとっては銀行からの外貨の買値)を指しています。
TTB: 「Telegraphic Transfer Buying rate」の略で、日本語では「対顧客電信買相場」と言われています。「TTS」とは反対に、銀行がお客様から外貨を買う際の値段(お客様にとっては外貨の売値)を指しています。

銀行では毎日、午前10時頃のレートを基準に「仲値」を決定します。その後よほど大きな為替変動がない限りは、この「仲値」がその日一日のあいだ適用される基準為替レートとなります。そして、銀行によって多少の差はありますが、その仲値に手数料分(大半の銀行が1ドルあたり1円)を上乗せした額を「TTS」や「TTB」として提示しています。

仮に米ドルの「仲値」が110円ちょうどで、上乗せする手数料が1円だったとしますと、「TTS」と「TTB」はそれぞれ次のようになります。

TTS= (仲値)110.00円+手数料分1円=111.00円
(お客様に対して仲値よりも1円高く売る)

TTB= (仲値)110.00円−手数料分1円=109.00円
(お客様から仲値よりも1円安く買う)

TTS(銀行の売値)、TTB(銀行の買値)

外貨預金口座の新規開設などでお客様が外貨を入手される場合は、このうち「TTS」が適用されます。したがって「仲値」が110円ちょうどのときに、1万ドルの買い付けをされた場合、必要な代金は以下の通りとなります。

(TTS)111.00円×10,000ドル=1,110,000円

上記の1,110,000円のうち、(手数料1円×10,000ドル=)10,000円は純粋に為替手数料分ということになります。