「外貨ネクスト」全会員様を対象とした
「外貨ネクストネオ」への口座移動の完了に伴い、
「外貨ネクスト」のサービスは終了しました。

『外貨ネクスト』全会員様を対象とした『外貨ネクストネオ』への口座移動「自動ポジション・資金移動」の完了に伴い、当社では2013年12月21日(土)をもちまして、『外貨ネクスト』における店頭FXサービスを終了いたしました。

ロイターニュースの見方

本サービスは、『外為情報ナビ』及び『外貨ネクスト』取引画面での提供となります。

ロイター通信社が提供する10種類のニュースで、世界中のニュースを把握

ロイターニュース 世界の最新ニュースをあなたに。

外国為替市場は24時間、つねに動き続けて変化しています。世界中のどこかで、様々なニュースや出来事が起きているため、その国々で起きた相場の流れは次のマーケットにも大きな影響を及ぼします。また、外国為替市場は、日本時間よりも海外時間のほうが活発に取引されるため、日本国内はもちろん、世界のマーケットの動向もチェックしなくてはいけません。

東京市場がオープンする前

東京市場がオープンする前に、まずは前日のNY市場の動きを「NYマーケットサマリー」と「NY外為レポート」を読むことがオススメです。東京市場は、先日のNY相場の流れを受けやすいため、為替や株式も連動した動きが良く見られます。

東京市場がオープンした後

東京市場がオープン中には、「東京外為レポート」が、9時、12時、15時にレポートとして配信されます。国内金融機関やヘッジファンドの売買動向も盛り込まれて、相場の大きな流れを知ることができ、18時には「東京マーケットサマリー」が配信され、為替に加えて、株式、短期金融市場、債券の東京市場のまとめとなります。

東京市場が終わるころ

東京市場が終わるころには、すでに欧州市場がオープンをし始めます。前日のNY、そして東京やアジアでの動向を受けて、活発に動く欧州市場ですが、とくに NY市場と重なる日本時間22時頃〜2時ごろはもっとも相場が動く時間帯です。「速報ニュース」でも次々に起こる最新情報が配信され、外国為替市場の変化を敏感にキャッチすることが出来ます。23時頃には「NY外為レポート」も配信が始まり、1日の流れをロイターニュースから知ることができます。

10種類のニュース 概要

ロイターニュース メニュー 案内文 配信頻度 配信時間帯
ロイターニュース
(速報ニュース)
24時間、世界で起こった重要ニュースを即時配信されます。 1時間に約10回程度 24時間即時配信
東京マーケットサマリー 東京の株・為替・債券市場の1日の動きをコンパクトにまとめたニュースです。毎日18時頃配信されます。 1日1回 18時台
NYマーケットサマリー NYの株・為替・米国債・金・原油先物をカバーしたサマリーニュースです。毎朝7時頃に配信されます。 1日1回 7時台
欧州マーケットサマリー 欧州の為替・株・政府債・金をカバーしたサマリーニュースです。毎朝5時頃配信されます。 1日1回 5時頃
東京外為レポート 東京の外為市場についてのニュースです。1日に3回(9時、12時、15時頃)定期的に配信されます。 1日3回 9時、12時、15時頃
外為マーケットアイ 東京の外為市場動向を追ったニュースです。時系列でアップデートします。 1日15本
程度
朝8時前から夕方5時(動きがあれば夕方6時過ぎまで)
NY外為レポート NYのドル円・ユーロドルの相場動向を、1日に3回(7時、8時、23時頃)配信します。 1日3回 7時、8時、23時頃
主要通貨対顧客相場 主要通貨為替レート一覧です。毎日10時頃配信されます。 1日1回 10時頃
マネーダイアリー 日本と海外主要国の経済指標の発表予定及び行事予定です。毎朝7時頃配信されます。 1日数回 7時頃
経済指標 日本・米国・ドイツ・イギリス・ユーロ圏の経済指標です。随時配信されます。 随時
ロイター このページのデータは、ロイターが提供しています。記事の無断転用を禁じます。
(C) Copyright REUTERS. All rights reserved.
【当社提供のレポート類について】
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。