G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

8月21日(木) ドル/円

【今日のトピック】
米新規失業保険申請件数が大きな注目材料に

【基調】
底堅いが、上値も重い

【目先の注目材料】
・8/21 米新規失業保険申請件数、8月フィラデルフィア連銀景況指数
・8/22 バーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長講演
・NY原油相場

【本文】
本日は米国経済指標がいくつか発表される予定となっており、とりわけ米新規失業保険申請件数には大きな注目が集まりそうだ。新規失業保険申請件数は2週間連続45万件を上回る結果となっているが、今回の予想値は44万件ほどで、3週連続45万件超えだけは免れるという見方が多い。

それだけに、今回も45万件を上回れば、さらに米国雇用情勢悪化に対する懸念が広がり、ドル円相場が急落するであろう。しかし、予想値を大きく下回る数値となれば、米国雇用情勢悪化に対する懸念が大きく後退し、ドル買いが非常に活発になることも考えられる。その場合、原油価格が下落するなど他のドル買い要因が重なれば、ドル円上昇の勢いは強まることであろう。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ