G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

8月20日(水) ポンド/円

【今日のトピック】
BOE議事録が目先のキーポイントに

【基調】
上値が重い

【目先の注目材料】
・8/20 英BOE議事録
・8/21 英7月小売売上高指数
・8/22 英第2四半期GDP・改定値
・米ドル円相場動向

【本文】
ポンド円相場は、先週英7月失業率などの英国経済指標の悪結果を受けて202円台半ば近辺にまで下落した。その後は下げ止まりを見せたものの、ポンドの押し目買い意欲が弱いこともあって上値が抑えられ、ポンド円相場では方向感に乏しい状況が続いている。

しかし、本日公表のBOE議事録の内容によっては、ポンド円相場動向に変化が生じる可能性もある。前回まで3回連続利下げを主張し続けていたブランチフラワー委員がその主張を変えてくれば、大きなポンド買い要因になり得る。また、ブランチフラワー委員がその主張を変えなくても、利上げを主張する委員が前回の1名から増加すれば、これもポンド買いを誘発すると考えられる。ただ、逆に利下げを主張する委員が前回の1名から増加すれば、再びポンドが急落しそうだ。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ