G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

7月6日(金) 米ドル/円

【通貨ペア】
米ドル/円

【今日のトピック】
貿易戦争の影響は?米6月雇用統計に関心

【基調】
底堅い

【目先の注目材料】
・7/6 米6月雇用統計
・米長期金利、主要国株価

【本文】
米国による中国製品輸入への追加関税が発動されたが、市場には事前に予想されていたほどの混乱は見られない。というよりも、日本株は堅調を維持し、ドル/円も110.70円台へ小幅に上昇するなどアク抜け感すら漂っている。このままなら、市場の関心は米6月雇用統計に向かう事になりそうだ。

昨日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では、米政権の通商政策が米経済の成長を阻害しないか気にかけている様子が示された。6月の米経済指標の一部には、米企業のマインド悪化を示すものが見られただけに、本日の6月雇用統計への影響が気になるところだろう。

なお、市場予想は、失業率が2000年4月以来の低水準を記録した5月に並ぶ3.8%、非農業部門雇用者数は3カ月平均の17.9万人増を上回る19.5万人増となっている。また、市場が関心を寄せる平均時給も前年比+2.8%と、5月(+2.7%)から伸びが加速すると予想されている(前月比は5月と同じ+0.3%の予想)。貿易戦争は、米国の実体経済にまだ影響を及ぼしていないという市場の見立てが立証されるか、米6月雇用統計の結果に注目したい。



最新のレポートを見る

バックナンバー(2018年7月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

全通貨ペア業界最狭水準スプレッド

お客さま超感謝祭キャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ

取引ツールNo.1を目指して。FXは外為どっとコム