G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

12月27日(水) カナダドル/円

【通貨ペア】
カナダドル/円

【今日のトピック】
利上げ期待と原油高で抵抗突破なるか

【基調】
分水嶺

【目先の注目材料】
・原油価格、主要国株価

【本文】
カナダドル/円相場は、12月に入り89.20-30円台で伸び悩む展開が続き、先週18日には一時87.20円台まで押し戻される場面もあった。しかし足元では再び89円台へと持ち直しており、抵抗突破に再挑戦する勢いとなっている。

足元の上昇要因は、カナダ中銀(BOC)の早期利上げ再開期待とカナダの主要輸出品である原油価格の上昇だ。先週21日に発表された11月消費者物価の伸びが上ブレした事などから、BOCが来年1-3月期に利上げを再開する確率(金利デリバティブ市場の織り込み度合い)は7割近くに達している。そうした中、昨日はリビアの原油パイプラインが武装集団によって爆破され、NY原油先物が約2年半ぶりに60ドル台を回復した事もカナダドルの追風となった。

多くの国がクリスマス・ホリデー明けとなる本日の相場展開が、今後のカナダドル/円の行方を左右する事になるだろう。またしても89.30円台で頭打ちとなれば、上昇機運は急速に薄れる一方、月初来の抵抗であるこの水準を突破できれば、90円の大台回復が視野に入りそうだ。本日もNY原油先物の動きに注目しておきたい。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年12月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

南アフリカランド/円

スプレッド縮小キャンペーン

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ

取引ツールNo.1を目指して。FXは外為どっとコム