G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

12月20日(水) ユーロ/円

【通貨ペア】
ユーロ/円

【今日のトピック】
ユーロ圏「政治の安定」は?

【基調】
波乱含み

【目先の注目材料】
・独長期金利、主要国株価
・12/20 独CDU・CSUとSPDの連立予備折衝
・12/21 スペイン・カタルーニャ州議会選挙

【本文】
ユーロ/円は昨日の上昇により134円台の回復が視野に入ってきた。134円台半ばには、ここ3カ月で3度も上値を阻んだ強いレジスタンスが存在しており、ここを突破できるか足元の動きに注目が集まっている。昨日のユーロ買い材料は独長期金利の上昇であり、独長期金利の上昇については、独政府が来年の長期債発行を増やす方針を示した事や、複数のECBメンバーがタカ派的な発言をした事が背景だ。

ただ、ユーロ/円が強いレジスタンスを突破するためにはもう一段の強材料が欲しいところだろう。そうした中、メルケル独首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)による大連立に向けた予備折衝が本日から始まるほか、明日には独立問題で揺れるスペイン・カタルーニャ州の議会選挙が行われる。ユーロ圏の「景気安定」は広く認識されているが、これに「政治安定」も加わればユーロ高を後押しする公算が大きい。

もっとも、独CDU・CSUとSPDは移民問題などを巡り、浅からぬ溝が存在するようだ。カタルーニャ州議会選挙についても、独立派と反独立派の支持が拮抗しており、結果は予断を許さない模様。現状では、「政治安定」については不透明感が強いと言わざるを得ず、予備折衝や選挙の行方が注目されよう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年12月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

知って得する メキシコペソ/円のポイント

スプレッド縮小キャンペーン

トランプ政権の焦点

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ