G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

12月18日(月) 豪ドル/円

【通貨ペア】
豪ドル/円

【今日のトピック】
上ヒゲ陽線の呪縛を解けるか

【基調】
上値試し

【目先の注目材料】
・主要国株価、国際商品価格
・12/19 RBA議事録

【本文】
本日の豪ドル/円は、日本株が大幅高となる中で強含んではいるが、上値は86.30円台どまりと頭の重さが気にかかる。先週14日の豪11月雇用統計で、チャート上に残した「上影陰線」のヒゲの先端が86.492円であり、この水準が上値抵抗になっているようだ。米税制改革法案の年内成立にメドが立った事で米国株の続伸が期待される中、豪ドル/円が上値抵抗を突破できるか注目されよう。世界の株価や国際資源価格などのリスク資産市場の動きのほか、明日のRBA議事録にも注目しておきたい。なお、5日に発表したRBA声明は「政策の据え置きは、成長・インフレ目標に整合的と判断」「豪ドルの上昇は経済と物価を悪化させる」「家計消費の見通しが不透明要因」「物価は緩やかに上昇する見通し」「労働市場の改善でいずれ賃金の伸びが上向く見通し」などと、慎重ながらも楽観的なトーンだった。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年12月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

知って得する メキシコペソ/円のポイント

スプレッド縮小キャンペーン

トランプ政権の焦点

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ