G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

12月1日(金) カナダドル/円

【通貨ペア】
カナダドル/円

【今日のトピック】
売り材料に敏感

【基調】
下値警戒

【目先の注目材料】
・12/1 加11月雇用統計、加7-9月期GDP
・原油価格、主要国株価

【本文】
本日の北米市場では、カナダドル相場が比較的大きく変動する可能性がある。11月雇用統計や7-9月期国内総生産(GDP)といったカナダの超重要統計が同時に発表されるためだ。

カナダ中銀のポロズ総裁が、先行きの不確実性を理由に追加利上げへの慎重姿勢を示しているだけに、雇用統計やGDPが多少強くても追加利上げ期待は高まりにくいだろう。一方で、これらが弱ければ利上げ期待がさらに後退する可能性がある。なお、市場は今のところ来年3月の利上げを5分5分(織り込み度50%)と見ており、5月の利上げを8割方見込んでいる。

トランプ米大統領の横槍で見直しが行われている北米自由貿易協定(NAFTA)の交渉が拗れている事もあって、カナダドルは売り材料のほうに敏感に反応しやすいと考えられる。本日の雇用統計やGDPの下ブレには注意が必要だろう。なお市場予想によると、11月雇用統計では就業者数が1.00万人増(前回3.53万人増)、失業率が6.2%(前回6.3%)と、まずまずの結果が見込まれている一方、7-9月期GDPは前期比年率+1.6%と4-6月期の+4.5%から大きく減速すると予想されている。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年12月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

南アフリカランド/円

スプレッド縮小キャンペーン

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ

取引ツールNo.1を目指して。FXは外為どっとコム