G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

11月30日(木) ポンド/円

【通貨ペア】
ポンド/円

【今日のトピック】
ダブルボトム

【基調】
波乱含み

【目先の注目材料】
・主要国株価、原油価格

【本文】
ポンド/円相場は、10月安値146.900円と11月28日安値146.964円をダブルボトムとして、ネックラインの151.920円(11月1日高値)に向けた反発局面にある。日足一目均衡表の雲上限も上抜けており、上昇継続が見込めるチャートフェースとなっている。足元のポンド買い材料は、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に伴い英国が負担する精算金の交渉にメドが付いたとの報道だ。ただ、これを原動力としてポンド/円が(ネックライン越えの)152円台まで上昇できるかについては懐疑的にならざるを得ない。精算金の交渉は、あくまでもブレグジット交渉のファーストステップに過ぎず、次のステップとして最も重要な離脱後の「通商交渉」が待っている。ようやく次のステップに進む用意ができたに過ぎず、これをもってブレグジットをめぐる不透明感が晴れたとするのはあまりに早計だ。ポンド/円の上伸には、一段の強気材料が必要になると見ておくべきだろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年11月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

スプレッド縮小キャンペーン

トランプ政権の焦点

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ