G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

7月10日(月) ユーロ/円

【通貨ペア】
ユーロ/円

【今日のトピック】
止まらないユーロ高・円安

【基調】
高値警戒

【目先の注目材料】
・主要国株価、独長期金利

【本文】
ユーロ/円の上昇が止まらない。10日の東京市場では一時130.27円前後まで上昇して約1年5カ月ぶりの高値を更新する場面もあった。4月の仏大統領選(第1回目投票)以降、ユーロは上昇基調が続いているが、6月下旬に欧州中銀(ECB)のドラギ総裁が緩和縮小の可能性を示唆した事で上昇に弾みが付いた格好だ。

一方で、日銀は7日の金融調節(オペレーション)で、国債買い入れの増額と金額無制限の「指値オペ」を合わせて実施。長期金利の上昇を抑え込んで大規模緩和を維持する姿勢を改めて表明した。こうした中、足元では欧日の金融政策の方向性の違いに着目したユーロ買い・円売りが活発化している。金融政策という比較的賞味期限の長いテーマを材料としているだけに相場の息も長いと見るなら、ユーロ/円相場にはさらなる上昇余地があると見る事もできよう。

もっとも、相対力指数(RSI)が14日間で80%台に到達するなど、ユーロ/円相場には買われすぎを示す一部のシグナルが点灯し始めている。いざ調整が始まると意外に深押しする可能性がある事も念頭に置きつつ、取引に際しては迅速な対応が必要となるデリケートな局面に差し掛かったと見ている。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年7月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

スプレッド縮小キャンペーン

トランプ政権の焦点

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ