G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

6月13日(火) ポンド/米ドル

【通貨ペア】
ポンド/米ドル

【今日のトピック】
窓埋めきれず続落余地

【基調】
やや軟調

【目先の注目材料】
・6/13 英5月消費者物価指数、
    英5月小売物価指数
    英5月生産者物価指数
・主要国株価

【本文】
9日早朝に、前日8日に行われた英総選挙で与党・保守党の劣勢が伝わる中、ポンド/ドルは8日終値(1.29526ドル)から下方向に窓を開けてスタート。売り一巡後はやや戻すも窓を埋めるには至らず、本日の東京市場で1.2640ドル台まで下落して9日安値(1.26355ドル)に迫った。総選挙後の連立内閣樹立が難航している上、13日に英紙が「ソフトブレグジット達成に向け、保守党が労働党と極秘に会談」と報じるなど、メイ英首相の求心力低下により欧州連合(EU)離脱交渉が不透明となっている事が、ポンドの上値を重くしている。

こうした中、ポンド/ドルはテクニカル・ファンダメンタルズ両面から売り圧力が掛かる公算が大きい。9日安値を割るようならば、下値余地が拡大する事になりそうだ。その場合、日足の一目均衡表の雲下限(本日は1.25473ドル)や週足の一目均衡表の基準線(執筆時1.25166ドル)が下値目処になるだろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年6月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

スプレッド縮小キャンペーン

トランプ政権の焦点

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

G-1 BATTLE −欧州&高金利通貨チャンピオンシップ−

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ