G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

6月12日(月) 南アランド/円

【通貨ペア】
南アランド/円

【今日のトピック】
薄氷の底堅さ

【基調】
波乱含み

【目先の注目材料】
・主要国株価、国際商品価格

【本文】
先週6日に発表された南アフリカ1-3月期国内総生産(GDP)は前期比年率-0.7%と予想(+1.0%)に反して低下。昨年10-12月期(-0.3%)に続いて2期連続のマイナス成長となった事で、南アフリカは定義上の景気後退局面に入った。そのほか、先週9日には大手格付け会社ムーディーズが南アフリカの格付けを1段階引き下げた。投資不適格級への2段階引き下げは回避したが、ムーディーズは見通しを引き続き「ネガティブ」としており、転落は時間の問題とも言える。

もっとも、こうしたマイナス材料が頻発したにもかかわらず、先週の南アランド相場は底堅かった。ランド/円はGDPが発表された6日こそ比較的大きく下落したが、9日は格下げにもめげず陽線引けとなっている。前米FBI長官の公聴会や英総選挙など、不透明要素が強いイベントを通過した事で市場の警戒感が緩んだためだろう。自国の経済情勢よりも市場センチメントが値動きのカギを握るという南アランドの特性がよく表れており、今後も株や資源などのリスク資産価格に左右される展開が続く公算が大きい。

そこで、本日注目すべきは、9日に急落したアップルなどの米ハイテク株の動向だろう。ハイテクセクターが中心の米ナスダック指数は史上最高値圏から急反落して前日比-1.8%で引けた。こうした9日の動きが単なる調整であれば、本日は反発してランド/円相場を支える事になりそうだ。一方、これまで買われすぎた反動から本格的な調整局面に入ったとすれば、ハイテクセクター以外にも波及する恐れがあり、ランド/円相場にとっても重しとなる可能性がある。いずれにしても本日の米株式市場の動きに注目しておきたい。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年6月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

スプレッド縮小キャンペーン

トランプ政権の焦点

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ