G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

5月1日(月) 米ドル/円

【通貨ペア】
米ドル/円

【今日のトピック】
ドル高の持続性、カギは米ISM製造業景況指数

【基調】
上昇一服

【目先の注目材料】
・5/1 米4月ISM製造業景況指数
・主要国株価、米長期金利

【本文】
米紙が議会筋の話として報じたところによると、米議会は2017会計年度末(9月末)までの政府財政手当について合意に達したとされる。この報道をきっかけに北朝鮮リスクの円高圧力が緩み、ドル/円は15時過ぎにオプション絡みの防戦売りが噂された111.80円を突破。勢いに乗じて心理的節目の112.00円を覗う動きとなっている。英独仏などの欧州主要国が祝日とあって、薄商いの中で仕掛け的なドル買いが入った面もあるようだ。

こうしたドル買いの持続性は、米4月ISM製造業景況指数がカギを握る事になるだろう。市場予想は56.5であり、前回の57.2から小幅に低下する見込みとなっている。低下予想を覆して上昇すればドル買いが強まる公算だが、そのハードルはそれなりに高そうだ。先行指標(NY連銀などの各地区連銀が発表した4月の製造業景況指数)は小幅低下のものが多く、ISM製造業景況指数自体も2014年以来約3年ぶりの高値圏で推移しているため上昇余地は大きくないと考えられる。どちらかといえばポジティブサプライズが起きにくい状況であり、失望のドル売りリスクにも警戒が必要だろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年5月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

スプレッドタイムセール 2017年6月30日(金)午後3時00分〜2017年7月1日(土)午前3時00分

米雇用統計特別企画

スプレッド縮小キャンペーン

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ