G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

3月17日(金) 米ドル/円

【通貨ペア】
米ドル/円

【今日のトピック】
G20の影響は?

【基調】
もみ合い

【目先の注目材料】
・3/17 米2月鉱工業生産、米3月ミシガン大消費者信頼感指数・速報
・3/17-18 G20財務相・中銀総裁会議
・主要国株価、米長期金利

【本文】
本日から明日にかけて、ドイツのバーデンバーデンでG20財務相・中央銀行総裁会議が行われる。明日発表される共同声明から「我々はあらゆる形態の保護主義に対抗する」との文言が削除される可能性があるとの事で、週明けの為替相場への影響が気になるところだろう。トランプ米政権の意向を汲む格好で実際に削除されれば、米国の保護主義強化に対する懸念が高まり、リスク回避の円高圧力が発生するとの見方も一部にあるようだ。もっとも、今回初めてG20に出席するムニューシン米財務長官は「われわれは貿易戦争を始めたいと思っているわけではない」として、自由貿易を否定する考えはない姿勢を示している。G20は「保護主義に対抗」との文言に代わり「公平で開かれた貿易システムを維持する」という米国の主張に近い表現を声明に盛り込む事も検討しているようだ。

いずれにしても、20もの国・地域の利害がすべて一致する声明を発表することはまず不可能だろう。それぞれが、それぞれにとって都合よく解釈できる「玉虫色」の表現に落ち着く公算が極めて大きい。そうした声明に為替市場が強く反応する事も考えにくい。なお、為替については「通貨の競争的な切り下げを回避」や「競争力のために為替レートを目標にしない」というこれまでの合意内容を米国も支持しているとされ、従来の表現をほぼ維持する方向で調整が進められているようだ。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年3月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

南アフリカランド/円

スプレッド縮小キャンペーン

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

無料クーポン毎月プレゼントキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

FXブログ