G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

3月1日(水) 米ドル/円

【通貨ペア】
米ドル/円

【今日のトピック】
トランプからイエレンへ

【基調】
堅調

【目先の注目材料】
・3/1 米1月PCEデフレーター、米2月ISM製造業景況指数、米ベージュブック
・主要国株価、米長期金利

【本文】
トランプ米大統領が米上下両院合同本会議で行った施政方針演説は、目新しい発言こそなかったが過激な発言もなく無難に通過した。1兆ドルのインフラ投資について議会に承認を呼びかけた事などから、トランポノミクスへの一定の期待が維持されたとの見方もできる。米放送局の調査によると、78%の人がこの演説をポジティブに捉えたとされ、欧米市場で「無難」との評価がひっくり返る可能性は低そうだ。

これで、市場の関心は3日に行われるイエレンFRB議長の講演に移る事になるだろう。昨日、ダドリーNY連銀総裁とウィリアムズSF連銀総裁が立て続けに早期利上げに言及しており、市場は3月14-15日のFOMCにおける利上げを視野に入れ始めた。FOMCに向けてドルが上昇する可能性が高まったと見るが、利上げについては3日の議長講演での最終確認が必要だろう。また、本日発表される米1月PCEデフレーターや米2月ISM製造業景況指数も市場の利上げ期待を左右する材料になり得るため注目しておきたい。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2017年3月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

スプレッドタイムセール 2017年4月28日(金)午後3時00分〜2017年4月29日(土)午前3時00分

スプレッド縮小キャンペーン

上限なしキャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

メキシコペソ/円のポイント

FXブログ