G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

6月9日(火) トルコリラ/円

【通貨ペア】
トルコリラ/円

【今日のトピック】
連立交渉が焦点に

【基調】
波乱含み

【目先の注目材料】
・公正発展党(AKP)による連立組閣交渉

【本文】
7日に投票が行われたトルコ総選挙の結果、与党AKPが第1党の座は維持するものの、結党以来初となる獲得議席数の過半数割れが確実になった。
市場が警戒していた、AKPが憲法改正に必要な3分の2以上の議席を獲得して大統領権限が強化される(=市場機能低下)というシナリオは消えたが、今度は過半数に届かなかった事で政局混迷を懸念せざるを得なくなった。

こうした中、トルコリラ/円は週明け8日のオープン時から売り圧力に晒され、一時44.60円台まで下落。その後は、45円台前半に小戻して政局動向を見極める態勢となっている。

今後の政局の焦点は、AKPによる野党との連立交渉になると見られるが、先行きは不透明と言わざるを得ないようだ。
第3党の民族主義者行動党(MHP)や第4党の国民民主主義党(HDP)との交渉が主になると見られるが、対立点が多く、いずれも難航が見込まれている。
AKPが連立組閣に失敗した場合、第2党の共和人民党(CHP)に組閣権限が移る事になり、それでも纏まらなければ再選挙という事になる。

早々に始まるであろうAKPによる連立交渉が緒戦で躓くようだと、トルコリラ/円の下落が再開する可能性が高い。
しかし、不透明感が強いだけに少しでも交渉に明るい兆しが見えればトルコリラ/円が反発する可能性もある。
いずれにしても、目先的にはトルコの政局に絡む報道がトルコリラ/円の動向を左右する事になるだろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2015年6月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ