G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

3月23日(月) ユーロ/米ドル

【通貨ペア】
ユーロ/米ドル

【今日のトピック】
20日移動平均線が重い

【基調】
弱含み

【目先の注目材料】
・主要国株価、米長期金利
・3/23 米2月中住宅販売件数、ユーロ圏3月消費者信頼感指数、米欧要人発言

【本文】
ユーロ/ドルは18日の米連邦公開市場員会(FOMC)後に大きく反発したが、その後は20日移動平均線前後(執筆時点:1.08966ドル)では頭を押さえられる状態が続いている。
本日は17時40分からメスター米クリーブランド連銀総裁が、23時からはウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁および欧州中銀(ECB)のドラギ総裁が、さらに24時45分からは米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長がそれぞれ講演を行う予定となっている。
足元の市場ではFOMCの利上げ開始時期およびペースについての思惑が交錯しており、FOMCメンバーの発言にはバラツキが目立つ。
ただ、そうした中でも、FRB副議長であるフィッシャー氏の発言については注目が集まりそうだ。
同副議長が利上げのスタート時期について、6月と9月のどちらに傾いているかを市場は読み取ろうとするだろう。
何らかの示唆があれば、市場は神経質に反応しそうだ。
6月の利上げを支持していると連想させるような発言があれば、ボリンジャーバンド(MA=20日)の-1シグマ(同:1.06174ドル)辺りまで下げる余地があるとみる。一方、9月以降の利上げ支持と市場が判断すれば、20日移動平均線を突破し、18日高値1.10435ドルを試す可能性もありそうだ。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2015年3月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ