G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

3月18日(水) ユーロ/米ドル

【通貨ペア】
ユーロ/米ドル

【今日のトピック】
FOMCを受けて米利上げ時期見通しはどうなる?

【基調】
方向感模索

【目先の注目材料】
・3/18 FOMC声明および経済・金利見通し、イエレンFRB議長定例記者会見
・主要国株価、米長期金利、欧州各国の長期金利

【本文】
ユーロ/ドルは2月末から軟調に推移していたが、3月13日に1.04623ドルと2003年1月以来の安値を付けた後は、底堅い推移を続けている。ここからドルが買われる事によって一段と下値を切り下げるかどうか、目下のところ本日発表の米連邦公開市場員会(FOMC)声明や経済・金利見通し、またイエレンFRB議長の会見内容が鍵を握っていると言えそうだ。

重要なのは、声明、経済・金利見通し、会見の3つをトータルで見て、「6月利上げの可能性が高まるような内容だったか」どうかである。現状、6月利上げと見る市場関係者が最も多いが、9月利上げを見る向きもそれなりに多い。今回のFOMCによって6月利上げの可能性が高まったと市場が受け止めれば、それを織り込みに行く形でドル高が進もう。そうなれば、13日安値を試す展開になることは十分にあり得る。

ただし、このところ市場は、FOMCにおけるタカ派寄りのメンバーの発言をことさら取り上げてドルを買う手掛かりとする様子も目立っていた。今回、そうした市場のムードに反してFOMCが利上げ時期の示唆に慎重な様子を見せれば、ドル売りが急激に強まることもあり得るため、油断は禁物だ。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2015年3月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ