G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

2月20日(金) ユーロ/米ドル

【通貨ペア】
ユーロ/米ドル

【今日のトピック】
下値リスクより上値リスクを警戒すべき

【基調】
底打ち

【目先の注目材料】
・2/20 ユーロ圏財務相会合、独2月製造業PMI・速報値、ユーロ圏2月製造業PMI・速報値

【本文】
ユーロ/ドル相場は、ギリシャ新政権が誕生した翌日の1月26日に1.10977ドルの安値を付けたが、その後はギリシャとユーロ圏の支援協議がもつれても大きな反応を見せることなく1.13ドル前後をサポートに底堅く推移している。

そのギリシャ支援について協議するため、緊急のユーロ圏財務相会合が本日開催される。
ギリシャがユーロ圏に要請した支援延長には問題点が多いとして、最大の支援国であるドイツが反対の姿勢を強く示している。

このため本日の会合では最終的な合意に漕ぎ着けられない可能性も十分にある。
ただ、その場合でもユーロ相場が大きく下落する事はないだろう。

今月一杯は前政権がコミットした支援プログラムが稼動している事や、最終的にギリシャの資金繰りが行き詰るとされる3月末まで時間的な余裕があるためだ。

ユーロ圏財務相会合は今回がこの2週間で3回目であり、市場が「協議」と「物別れ」の繰り返しに慣れてしまった事も大きい。

そうしたムードの中、もし予想外に合意に至れば、ユーロ買いが活発化する事になるだろう。
投機筋のユーロ売り残高が大きく積みあがったまま(シカゴIMM・通貨先物市場のデータによると、2/10時点のユーロ売り残高は19万枚余りと3年ぶりの高水準を維持)である事を加味すると、ユーロ/ドルは1.15ドル前後(2月入り後の上値抵抗付近である)まで反発する余地がありそうだ。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2015年2月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ