G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

1月7日(水) ユーロ/米ドル

【通貨ペア】
ユーロ/米ドル

【今日のトピック】
欧米指標で一段安の可能性

【基調】
軟調

【目先の注目材料】
・主要国株価、原油相場
・1/7 独11月小売売上高指数、独12月雇用統計、ユーロ圏12月CPI・速報、
    米12月ADP全国雇用者数、米11月貿易収支、FOMC議事録 

【本文】
ユーロ/ドルは今週に入り、1.20ドルをはっきりと割り込み、本日の早朝には1.18563ドルと、2006年2月以来の安値水準まで下げた。ユーロ圏は追加緩和睨み、米国は利上げ時期を伺う状況で、ユーロ/ドルの下落基調は当面続くと見られる。きっかけさえあれば、一段と下値を切り下げる動きになるだろう。

本日は、欧州・米国共に経済イベントが多い。欧州については、独11月小売売上高指数や独12月雇用統計が市場予想よりも弱かったり、ユーロ圏12月消費者物価指数(CPI)・速報が市場予想を下回る上昇率となれば、欧州中銀(ECB)の1月緩和期待を高めるような形でユーロ売りが強まるだろう。また、米国については、強めの経済指標や、米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録において楽観的な見方が強調されていた場合、早期利上げ期待を背景とするドル買いが強めに出るものと考えられる。ユーロ安・ドル高を助長する材料に偏れば、1.18ドル割れもあり得るだろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2015年1月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ