G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

12月29日(月) ユーロ/米ドル

【通貨ペア】
ユーロ/米ドル

【今日のトピック】
ギリシャ大統領選投票はどうでるか

【基調】
弱含み

【目先の注目材料】
・主要国株価、米長期金利
・12/29 ギリシャ大統領選挙

【本文】
ユーロ/ドルは先週23日以降、1.21ドル台半ばで底堅さを維持している。ただし、米国と欧州の金融政策のスタンスが、片や利上げ睨み、片や追加緩和睨みという状況で、上昇転換する気配は見えない。こうした中でユーロ売り・ドル買い材料が浮上すれば、ユーロ/ドルは一段と下値を切り下げる公算が大きい。

仕掛ける材料として最も有力なのが、本日に第3回目の投票を行うギリシャ大統領選だ。前回の第2回投票では、与党の候補者に対する賛成票は168票という結果だった。大統領選出に必要な得票数は180票だ。与党がこの第2回目までの間に12票を増やすことができたかが焦点。今回の投票で大統領が選出できない場合、議会は解散・総選挙となり、反財政緊縮派の急進左派連合(SYRIZA)が政権を取る可能性が浮上してくる。SYRIZAが政権を取れば、これまで受けてきた国際支援の条件である財政緊縮政策が緩められ、支援体制自体が危なくなるという懸念が強まる。つまり、今回の選挙で大統領が選出出来なかった場合、ギリシャの財政再建についての懸念が強く意識され、ユーロの売り材料にされる可能性がある。

その場合、まずはボリンジャーバンド(MA=20日)のマイナス2シグマ(執筆時点:1.21076ドル)までがまず下値のターゲットとなろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2014年12月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ