G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

9月22日(月) ポンド/ドル

【通貨ペア】
ポンド/ドル

【今日のトピック】
20日移動平均線が重石

【基調】
方向感模索

【目先の注目材料】
・9/22 ダドリー・NY連銀総裁、インタビュー
・主要国株価、国際商品価格

【本文】
ポンド/ドルは米国の早期利上げ観測、英国の早期利上げ観測後退、スコットランドの独立懸念などが相まって7月からポンド安・ドル高が進んでいたが、9月10日に1.60516ドルの安値を付けてからは反発。先週19日には1.65240ドルまで一時上昇した。ただ、この上昇はスコットランドの住民投票において、開票中に「独立反対が多数になるだろう」との思惑からポンド高が進行したことが背景にあり、実際に独立反対派が多数とだったことが明確になると、失速。一時突破していた20日移動平均線より下の水準まで失速した。

本日は再び切り返して来ているが、20日線(執筆時点:1.63619ドル)前後で上値の重さも見られている。ここをしっかり突破して再び1.64ドルに乗せられるかが本日の焦点となりそうだ。本日は経済イベントはあまり多くないが、23時05分からダドリー・NY連銀総裁へのインタビューが予定されている。ダドリー氏は米連邦公開市場委員会(FOMC)の中ではハト派と見られているが、その見方がタカ派寄りにシフトしていれば、ドル高要因になる可能性がある。ただし一方で、これまでと同様に米経済の先行きについて慎重な見方を示すようなら、期待の反動でドル安要因視され、ポンド/ドルの押し上げ要因になる可能性もある。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2014年9月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ