G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

9月10日(水) ポンド/ドル

【通貨ペア】
ポンド/ドル

【今日のトピック】
MPCメンバーの証言内容に注目

【基調】
軟調

【目先の注目材料】
・主要国株価
・スコットランド独立関連報道
・9/10 英MPCメンバー議会証言

【本文】
ポンド/ドルは全般的なドル買いムードおよび、英国の早期利上げ観測後退とスコットランド独立問題に絡む混乱を嫌気したポンド売りから、下値を切り下げており、昨日は1.60590ドルの安値を付けた。本日も材料によってはさらに下げ、昨年11月以来の1.60ドル割れが視野に入ってきた。

本日は英中銀のカーニー総裁、シャフィク副総裁、ウィール委員、マイルズ委員が議会証言を行う。インフレ報告に関する証言の場になるが、彼らが利上げの時期についてどのように考えているかを窺う上で重要なイベントになるだろう。昨日、カーニー総裁は利上げ時期について、2015年の春になる可能性を示唆したが、スコットランドが独立となればそうした見通し通りにならない可能性もまた示している。だが、カーニー総裁は発言の場が変わるたびに態度を反転させる事も多く、市場は同総裁の発言を半信半疑で受け止めている。本日、他のメンバーの証言は、ポンド相場で利上げ時期を織り込んで行く上で重要な要因となる。スコットランド問題による懸念が他のメンバーから強く示されれば、ポンド/ドルは下値を試す流れになろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2014年9月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ