G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

4月14日(月) ユーロ/ドル

【通貨ペア】
ユーロ/ドル

【今日のトピック】
もう一段下を試すかどうか

【基調】
軟化

【目先の注目材料】
・主要国株価、国際商品価格、米国債利回り
・ウクライナ情勢
・4/14 ユーロ圏2月鉱工業生産、米3月小売売上高

【本文】
ユーロ/ドルは先週、4日連続で陽線が続いたものの、1.39ドルを超えたところでは頭を押さえられた。さらに週末にECB(欧州中銀)のドラギ総裁が「一段のユーロ高なら更なる金融緩和策が必要となるだろう」などと発言した上、ウクライナ東部ドネツクで同国治安部隊と親ロシア派勢力が武力衝突し、双方に死傷者が出たことが報じられたことで、週明けは窓をあけてのユーロ売りでスタートした。東京市場の時点では下げ幅は小さいが、欧州勢などがこれを重く受け止めれば、一段とユーロ売りが進む可能性がある。

ユーロ/ドルが朝の安値1.38417ドルを下回ると、次の下値目途は1.38000ドルになる。この水準には20日移動平均線(執筆時点:1.38021ドル)もあり、それなりに底堅いラインになるとみる。ただ、ここでも下げ止まらなければ60日移動平均線(同:1.37371ドル)辺りまで下げ余地は拡大しよう。一方、上述の2つの問題を欧州勢が軽く受け止め、上昇に転じた場合、先週に頭を押さえられた1.39ドルの上抜けを試すことになろう。


最新のレポートを見る

バックナンバー(2014年4月)


●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ