G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

11月15日(金)ドル/円

【通貨ペア】
ドル/円

【今日のトピック】
金利より株価

【基調】
高値波乱

【目先の注目材料】
・主要国株価、米長期金利
・11/15 米11月NY連銀製造業景況指数、米10月鉱工業生産

【本文】
昨日のNY市場では、イエレン次期FRB議長のハト派発言を受けて、米長期金利が低下した一方、NYダウが史上最高値を更新するなど株価が上昇。こうした中、ドル/円は約2カ月ぶりに100円台を回復しており、本日の東京市場では日経平均株価の15200円台回復を眺めて100.30円前後まで上昇している。

足元のドル/円相場は、中長期的に見れば強い相関性がある米長期金利との連動性が弱まり、株価との連動性を強めている。金利の低下というドル安要因には目をつぶって、リスク許容度拡大による円安に賭ける短期筋の動きと言い換える事もできよう。
短期筋の動きは、ひとたび株価が下落に向かえば、急速に円の買い戻しが強まるリスクを孕む。中長期的なドル高・円安への見方は変わらないが、米金利の低下を無視して進む足元の上昇は長続きしないと考えるべきだろう。

いずれにしても、ドル/円は本日も株価睨みの動きを続ける公算が大きい。
特段の悪材料が見当たらない本日の段階で、株価が下落に転じるか否かは不明だが、市場最高値圏で推移している週末となる事を考えると、警戒すべきは下方リスクと言えるだろう。
一般的に、株価下落時は長期金利に低下圧力がかかりやすく、ドル/円にとっては「ダブルパンチ」となる事も考えられるため、欧米の株価動向には注意しておきたい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ