G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

10月4日(金)ドル/円

【通貨ペア】
 ドル/円

【今日のトピック】
200日移動平均のサポート

【基調】
下値固め

【目先の注目材料】
・米財政問題
・主要国株価、米長期金利

【本文】
ドル/円は昨日の海外市場で一時96円台を示現するなど軟調に推移している。米議会の予算協議が難航しているため、政府機関の一部閉鎖が長期化して米国経済の下押し圧力となる可能性があり、FRBが量的緩和の縮小を開始する時期も後ずれするとの見方がドルを押し下げている。

こうした中、ドル/円は本日時点で200日移動平均線まであと40-50銭程度に迫っているが、同線は昨年11月(当時の野田首相が衆院解散を口にした14日)に上抜けて以降は一度も下抜ける事がなかっただけに、アベノミクス相場にとっての重要なサポートラインと考えられる。

これだけ重要なサポートラインである以上、目先的にはドル/円の下値を支える可能性が高いものの、最終的に攻防のカギを握るのは、やはり米財政問題の趨勢だろう。現段階では、予算協議の難航が債務上限引き上げを阻み、米国が債務不履行に陥るという最悪のシナリオを辿る可能性は極めて低いと見られているが、協議が長引けば今後そうした不安が徐々に広がる事も考えられる。

中長期的なドル高・円安トレンドが継続するか否かを見極めるためにも、本日から週末にかけての米議会の動向を注視しておきたい。


バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ