G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

12月18日(木)豪ドル/円

【今日のトピック】
62円ラインを突破すれば本格上昇へ

【基調】
反発

【目先の注目材料】
・62円ラインを巡る攻防
・日米金利差逆転
・日豪金利差
・日本の厳しい経済情勢
・他の先進諸国に比較してやや底固い豪州経済
・12/19 日銀政策金利発表

【本文】
豪ドル/円相場は、クロス円の代表格であるユーロ/円相場と連動性が強く、今週はユーロ/円ほどではないがやや堅調に推移。17日未明に4日ぶり高値62.07円を記録した。外為市場ではまだあまり意識が強まっていないようだが、15日に発表された日銀短観大企業製造業業況判断指数が34年ぶりの下落幅を記録し、明日19日の日銀の追加利下げが確実視されるなど、日本経済も非常に厳しい状況に陥っている。一方、夏場以降ににわかに景況感の悪化したユーロ圏や豪州は、経済情勢の厳しさが相場に一旦織り込まれた感があり、豪ドルはユーロ同様、再評価の機運が強まりつつあるように思える。

豪ドル/円相場の過去1週間の推移を30分足で見てみると、下値は切り上がる一方、上値は62円ちょうどのラインできれいに抑えられていることがお分かりいただけるだろう。主要先進国は慢性的な財政赤字に苦しむ中、巨額の財政支出を余儀なくされているが、豪州は財政黒字国であり、財政出動の余地は大きい。加えて、豪州中銀が2日の利下げ時の声明で述べているように、来年の豪州経済の成長率は2%程度と、他の先進国よりも底固い推移が見込まれており、豪ドルの円に対する優位性は徐々に表面化していく可能性が高いと見る。62円ラインを突破すれば本格上昇の道が俄然開けてくる。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ