G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

外為どっとコムのスタッフが今最もホットな通貨ペアを日々ピックアップし、その動向や見通し、注目材料をコンパクトにお伝えします。弊社お取り扱いの全通貨ペアを対象に、各国の経済・金利動向や金融政策、株価、商品相場動向など、あらゆる視点からその日一番注目の通貨ペアをご紹介します。
ニュースや他のレポートでは伝えきれない、貴重な情報をご提供いたします。
※祝祭日除く。

6月22日(金)ドル/円

【通貨ペア】
ドル/円

【今日のトピック】
春先の上昇との相違点

【基調】
反発

【目先の注目材料】
・6/22 EU財務相理事会、独・仏・伊・スペイン首脳会談
・主要国株価、国際商品価格、スペイン10年債利回り

【本文】
昨日は、ドル/円が約1カ月ぶりに80円台を回復した。この上昇の背景は日米金融政策格差と本邦貿易収支悪化にあると考えられる。今年の春先にも、同様の材料を手掛かりに76円から84円まで大きく上昇した場面があったが、当時と大きく違う点は、米国の経済状況に対する見方であろう。

春先のドル高は米景気の回復期待によるものであったが、今回のドル高はFRBが追加緩和を見送った事による、いわば「後ろ向き」なドル高であると言える。
ましてや、FRBはツイストオペを半年延長して緩和姿勢を強化している。こうした中で、追加緩和見送りという「期待はずれ」を理由とするドル高が続くとは考えにくい。

一方で、日銀が消費税増税法案が可決されれば追加緩和に動くとの観測が足元の円売りにつながっているが、過去の例を見ると日銀の緩和が結果的に円安に作用したのは、最近では市場が不意をつかれた今年2月のバレンタイン緩和だけであった。現時点で緩和観測が浮上している以上、7月の会合で日銀が動いても円安効果は乏しいと見るべきだろう。目先的には海外投機筋を中心に円売りが進む可能性もあるが、春先にドル/円が84.17円の高値を付けた際のように勢いを持って上昇する可能性は低いとみる。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ