G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

12月4日(木)ドル/円

【今日のトピック】
大波乱の予兆あり。

【基調】
再び下値試し

【目先の注目材料】
・米自動車大手救済策の行方
・米国の金利先安観
・日米株価
・12/4 英国中銀政策金利発表
 欧州中銀政策金利発表
 米上院で自動車大手の公聴会
・12/5 米国雇用統計
 米下院で自動車大手の公聴会

【本文】
今週のドル/円相場は、週初めに大幅下落し、その後はほぼ1カ月ぶり安値水準を試す展開。ドル/円相場は昨夜に前日記録したほぼ1カ月ぶり安値を更新92.54円を記録したが、92.50円近辺では底固く推移し、昨日の米国株式市場の上昇とともに93円台に反発。しかし、今日昼過ぎに米自動車大手GMとクライスラーが破産法の適用申請を検討しているとの報道を受け、日経平均が前日比マイナス圏に転落し、外国為替市場では円が各通貨に対して上昇。ドル/円相場は夕方に92.66円まで下落した。

週末の外国為替市場では、本日4日から5日にかけて米議会で開かれる自動車大手の公聴会と、あす発表の米国雇用統計に注目が集まっている。オバマ次期大統領をはじめ、ポールソン財務長官やペローシ下院議長は相次いで自動車大手救済策の必要性を訴えたものの、ビッグスリーは総額で数兆円規模の負債を抱えている一方、手元資金は底を尽きかけ、自動車売り上げの見通しも極めて厳しいことなどから、経営再建への道は限りなく険しいとみられている。今後自動車大手の破たん懸念がさらに強まれば、市場が9月のリーマンショック以来の混乱に陥ることは必定。株価暴落、円急騰の可能性もあり、今週末は厳重な注意が必要である。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ