G.COMデイリーレポート

6月24日(金)ドル/円

【通貨ペア】
ドル/円

【今日のトピック】
米5月耐久財受注に注目

【基調】
方向感模索

【目先の注目材料】
・6/24 米5月耐久財受注、米第1四半期GDP・確報値
・主要国株価、米国債利回り、ユーロ/ドル相場

【本文】
今週に入り、ドル/円は80円台前半から半ばにかけてこう着した展開が続く中、23日には今週に入り上値抵抗として機能していた80.30円レベルを突破すると、その後80.79円まで上昇した。その後の下押し局面では、このレベルでは底堅く推移したことから、現状ではそれまでの上値抵抗から下値支持へと変化しつつあり、ドル/円はわずかではあるが上値模索の動きに転じる気配が出てきた。

本日、米国では5月耐久財受注の発表が予定されており、事前予想では前月比+1.5%、除輸送機器も前月比+0.9%となっている。今回のポイントは、東日本大震災に伴うサプライチェーン(供給網)の寸断の影響を受けた前月(耐久財:同-3.6%、除輸送機器:同-1.6%)から、どれだけ回復傾向を示せるかにあると見られる。もし予想を上回る場合は米国の製造業における生産活動の拡大観測から、ドル/円は80.79円や81.06円(6/15高値)を試す可能性がある。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ