G.COMデイリーレポート

6月7日(火)カナダ/円

【通貨ペア】
カナダ/円

【今日のトピック】
下げ余地をさらに拡大?

【基調】
ジリ安

【目先の注目材料】
・6/8 加5月住宅着工件数
・主要国株価、原油価格、ドル/カナダ相場、ドル/円相場

【本文】
5月のカナダ/円相場は82.50円付近では下値を支えられ続けていたが、今月3日にこの水準を割り込んでしまった。81円台半ばでは底堅い様子も見せているものの、戻りは弱い。

カナダドルを巡る環境を見ると、原油価格は100ドルを挟んだレンジ相場が続いており、主要国の株価は上伸力に乏しい。特にNYダウ平均については5月から下落基調にある。カナダの独自材料としては10日に雇用統計が予定されており注目されるが、それまで主要国株価の冴えない動きが続けば、カナダドルはこのままジリジリと下げ続ける可能性がある。

3日に付けた安値81.34円を割り込んでしまえば、81.00円が次の下値目途になるが、それでも下げ止まらなければ、節目の80.00円まで下げ余地が拡大するとみる。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ