G.COMデイリーレポート

5月27日(金)NZドル/円

【通貨ペア】
NZドル/円

【今日のトピック】
相次ぐNZドルの買い材料により強気基調が続く

【基調】
上値試し、ただ一部では高値警戒感も

【目先の注目材料】
・5/30 NZ4月貿易収支
・主要国株価、国際商品価格、ドル/円相場

【本文】
NZドル/円は今週に入り、24日にイングリッシュNZ財務相がNZドル高是認ともとれる発言をしたことに加え、NZ準備銀行(RBNZ)が今後2年間のインフレ見通しを前回2月発表時点より引き上げた事や、さらには26日に中国の政府系ファンドがNZ国債を購入するとの報道も重なり、NZドルの先高観が強まると、26日の欧州市場序盤にNZドル/円は一時66.36円まで上昇した。

なお27日には格付け会社ムーディーズがNZの主要銀行の格下げを発表したものの、NZドル売りの動きは限定的となったことから、現時点での市場はNZ買いの材料に注目が集まりやすくなっており、目先は上値模索の動きが先行しやすいと見る。

テクニカル面で見ると、26日には66.36円まで上昇し、4月6日につけた今年高値(66.71円)に迫る場面が見られた。目先はこの上値を突破できるかが、ポイントとなりそうだ。また66円台にはボリンジャーバンド上限(本稿執筆時点では66.29円)があり、本日、引値レベルでもこの水準を維持するようだと、NZドル/円は68.62円(本日時点での、2009年10月高値69.69円と、2010年5月高値69.34円を結んだ抵抗線)を試す動きとなる可能性もある。ただし、今週に入ってNZドル/円は強気基調一辺倒で買い進まれただけに、何らかのきっかけで売り優勢となり、NZドル/円が下落に転じるリスクには注意したい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ