G.COMデイリーレポート

5月24日(火)ポンド/ドル

【通貨ペア】
ポンド/ドル

【今日のトピック】
「1.60ドル割れ」も視野に

【基調】
横ばいも下ブレ懸念

【目先の注目材料】
・主要国株価、国際商品価格
・ムーディーズによる英金融機関14行の格下げ観測
・5/25 英第1四半期GDP・改定値

【本文】
ポンド/ドルは3月28日の安値1.5935ドルから4月28日1.6744ドルまでの上昇した後に下落基調に転じ、本日朝方には1.6056ドルの安値をつけた。節目の1.60ドルおよび「全値押し」の1.5935ドルが視野に入っている格好だ。

本日朝方に英国の報道機関が関係筋の話として「格付け会社ムーディーズが英国の18の金融機関のうち、14の格下げを行う」と報じており、本日夕方から参入する欧州勢が手掛かり材料とする可能性もある。また、足元でリスク要因として強く意識されているギリシャなどユーロ圏重債務国の債務問題について先行き不安が強まり、ユーロ/ドルが大きく下げるようならば、ポンド/ドルも連れ安となるだろう。本日の東京市場では1.61ドルを割り込んだ後にすぐ値を戻すなど、1.61ドル前後の底堅さは一旦確認されてはいるが、ややリスク要因の方が目立つ相場であるだけに、当面は下ブレの可能性を常に意識しておくべきとみる。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ