G.COMデイリーレポート

5月11日(水)豪ドル/円

【通貨ペア】
豪ドル/円

【今日のトピック】
雇用統計が良好なら上昇に拍車

【基調】
上昇基調

【目先の注目材料】
・主要国株価、国際商品市況
・豪ドル/米ドル相場、ドル/円相場、ユーロ/円相場
・5/12 豪4月雇用統計

【本文】
豪ドル/円は5日に84.30円の安値をつけてから上昇している。特に、本日は攻防の要としてこれまで機能してきた20日移動平均線(本日時点:87.61円)を突破しており、テクニカル面の好転が見られている。ただし、執筆時点では88.00円付近での上値の重さも目立っており、ここから一段と上昇して20日線の上部で新レンジ形成となるか、それとも頭の重さを払拭できずに一旦反落するのか、現在はその狭間にいると言えよう。

こうした状況下、12日10時30分に発表される豪州の4月雇用統計は目先の方向感を決める重要な鍵となりそうだ。今回の雇用統計について、市場では失業率は4.9%、雇用者数は1.7万人の増加になるとの市場予想になっている。市場予想よりも良好な結果が出れば、豪州経済の先行きに対する楽観的な見方が強まり、早期利上げ観測が台頭しよう。そうなれば豪ドル/円は上昇に拍車が掛かる公算だ。発表時の価格水準にもよるが、4月28日の高値89.57円を試す展開になることも考えられる。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ