G.COMデイリーレポート

4月21日(木)ドル/円

【通貨ペア】
ドル/円

【今日のトピック】
新規失業保険申請件数に注目

【基調】
攻防の分岐点

【目先の注目材料】
・4/21 米新規失業保険申請件数、米4月フィラデルフィア連銀景況指数、
          米3月景気先行指数
・ユーロ/ドル相場、商品相場
・イースター休暇

【本文】
本日、米国では新規失業保険申請件数の発表が予定されている。事前予想では39.0万件と、前回(41.2万件)からの減少が見込まれている。今回発表されるのは「16日までの週」の数値であり、雇用統計の算出調査期間(12日を含む1週間)であることから、普段よりも市場の関心が集まりやすい。ただ同件数は予想に対してブレることが多く、トレンドを見る上で同件数の4週移動平均にも注目したい。

昨年秋以降から新規失業保険申請件数は減少傾向が続き、また米国の失業率も改善傾向が続くなか、事前予想を下回り、また、4週移動平均も前週(39.575万件)から更に減少するのならば、市場では来月6日に予定されている米4月雇用統計での雇用状況の改善期待から、ドル/円は買われやすいと見られる。

その場合、テクニカル面からドル/円を見ると、上値抵抗として機能している6日線(本日時点では82.69円)が試されそうである。もし引値レベルでも6日線を越えてゆけるようであれば、短期的には下落局面が終了となる可能性と共に、200日線(本日時点では83.30円)突破を再び試す展開も予想される。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ