G.COMデイリーレポート

4月5日(火)ドル/円

【通貨ペア】
ドル/円

【今日のトピック】
堅調さ維持も基調転換のムードには要注意

【基調】
上昇

【目先の注目材料】
・4/5 米3月ISM非製造業景況指数、FOMC議事録
・米要人発言
・主要国株価、米国債利回り
・ユーロ/ドル相場

【本文】
ドル/円は4月1日に200日移動平均線(当時:83.61円)を突破し、その後も同線の上部で推移している。引き続きドル/円が堅調に推移した場合、まずは1日の高値84.73円の突破、そして節目の85.00円突破を順次試していく展開になろう。

足元では米国の早期金融引き締め観測が前のめり気味で意識されており、こうしたムードをさらにあおるような材料に、市場は反応しやすくなっている。今夜は米3月ISM非製造業景況指数が23時に発表される予定だが、これが予想(59.5)を上回る好結果となれば、上述のような形で上値を試す展開になる可能性がある。

ただし、3月下旬以降、ドル/円はほとんど一本調子で上昇してきたことから、いつ調整局面に入っても不思議ではない状態にある点は留意しておくべきだろう。下げに転じた場合、すでに突破してきた200日線(本日時点:83.57円)が一旦は下値支持線となる見通しだが、ここを割り込むと83.00円の節目を目途に下げていくことも考えられる。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ