G.COMデイリーレポート

10月27日(水)NZドル/円

【今日のトピック】
RBNZの声明は強気?弱気?

【基調】
次の方向を探る

【目先の注目材料】
・10/28 RBNZオフィシャル・キャッシュレート
・主要国株価、国際商品市況

【本文】
日本時間28日5時、ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は政策金利を発表する。政策金利については、現行の3.00%に据え置くとの見方が大勢を占めており、これ自体が手掛かり材料視される公算は小さいだろう。ただ、その後の声明の内容には注目が集まる。

足元のNZでは経済の弱さを示す経済指標が続いている上、ボラードRBNZ総裁からは「NZ経済の回復は鈍化しており、脆弱であることは事実」などとかなり弱気な発言が出ており、これらを踏まえると、声明の内容は弱気なものに傾くと考えられる。実際にそうなった場合、発表直後は一旦NZドル売りが優勢となる公算が大きい。これでNZドル/円が21日に付けた安値60.44円を割り込んでしまった場合は、さらに一段安となる可能性もある。

ただ、予想外に声明が経済の先行きについて楽観的なものになるようだと、期待が低いだけに大幅にNZドル高が進むことも考えられる。注意深く内容と相場の方向感を確認したい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ