G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

9月7日(火)ドル/円

【今日のトピック】
日明けのNY市場の動向に注目

【基調】
ジリ安

【目先の注目材料】
・主要国株式市場 ・米国債券利回り ・ユーロ/ドル相場 
・9/7 米3年債入札 ・9/8 米10年債リオープニング入札、米地区連銀経済報告

【本文】
昨日、米国はレーバーデーで祝日だったことから、今週のNY市場の実質的な開始は今夜からになる。ドル/円は本日の東京市場中に84円を割り込み、8月24日に付けた安値83.58円が射程圏内に入ってきていることから、今夜のNY市場でここを割り込む可能性も否定できない。この日の日経平均株価や序盤の欧州市場の株価は軟調に推移しているが、株安の流れが続くようだと、NY株式市場で株価が軟調に推移し、クロス円主導でドル/円でも円高が進む可能性がある。注意したいところだ。

また、今夜の米国では米国債の3年物入札が予定されている。現状、ドル/円の値動きに最も影響を与えやすいとみられている2年債に期間が近いだけに、この入札状況には注目が集まるだろう。入札において需要の旺盛さが見られれば、2年債利回りは低下し、ドル/円には下落圧力となる見通しだ。一方、入札が低調に終われば、米2年債利回りは上昇し、ドル/円には上昇要因となる公算が大きい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

米雇用統計特別企画

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ