G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

8月10日(火)ポンド/ドル

【今日のトピック】
英米のイベントが続く中、1.58ドル前後の攻防は?

【基調】
上昇基調も、反転の可能性あり

【目先の注目材料】
・主要国株式市場、米長期金利
・8/10 米連邦公開市場委員会(FOMC)
・8/11 英7月雇用統計、英四半期インフレレポート

【本文】
今晩は米国でFOMCが予定されており、①「異例の低金利を維持する期間」を『長期間』とし続けるのか、それとも、より長い期間を示唆する文言に切り替えるのか、②米連邦準備制度理事会(FRB)が保有する住宅ローン担証券(MBS)などの資産が償還を迎えるにあたり、その資金を資産買い入れ再開に充てるのかどうか、③FRBは景気判断を前回の声明から変更するのか、など見どころが多い。これらについて、事前の市場の見方は様々なものが交錯しており、声明発表後は金融市場全体が荒れそうだ。

ただ、ポンド/ドルに関しては、足元の水準は1.58ドル前後。これは、昨年半ば以降に攻防の分岐点になったラインである。今回はもこの水準で足場を固められるかどうかが注目される。もし、FOMCの結果、大幅にドル高・ポンド安が進み、ポンド/ドルが1.57ドルを割り込んで引ければ、目先のポンド/ドルの5月下旬から続く上昇基調が崩れてしまう可能性が高まるだろう。

また、翌11日の夕方17時30分には英国の7月雇用統計、18時30分にイングランド銀行(BOE)の四半期インフレレポートが発表される。これらの内容が、英国の雇用環境の回復鈍化、インフレ見通しや成長率見通しの下振れを示せば、ポンドの売り要因となるとみられる。もし2日連続でポンド/ドルが1.58ドルを割り込んで下げ続けるような展開となれば、一旦ポンド/ドルは下落基調をたどる公算が大きい。

もちろん、1.58ドル前後で底堅く推移するようなら、足場を固めて再び上値をうかがう展開になるとみられる。相場転換の有無をしっかり見定めたい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ