G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

7月23日(金)豪ドル/円

【今日のトピック】
値動きの軽さに注意

【基調】
もみ合いだが波乱も

【目先の注目材料】
・主要国株式相場、商品相場
・ドル/円相場
・7/23 欧州ストレステストの結果発表

【本文】
豪ドル/円は今月に入り値動きの荒い展開が続いており、1日の高安が2円以上となった日は既に7営業日と、6月の5営業日よりも多くなっている。その背景には豪州の利上げ期待といった国内要因よりも、米国を始めとした主要国の株価動向に加え、先週から始まった米企業決算や、今週に入り浮上しては消えた米国での金融緩和の思惑など、外部要因による相場の上下が目立っている。

また1日の値幅が大きくなることに伴い、レンジ内の売り買いの注文が既に成立してしまう事で目ぼしい抵抗や支持での注文が少なくなり、結果として値動きが荒くなることが考えられる。現状はそのような商状にあると見られることから、一度何かの材料で動き出した場合、直近の高値や安値まで大した抵抗もなく相場が動く可能性があるので気をつけたい。

材料面では本日、欧州でのストレステストの結果発表が予定されている。もしテストの公表により欧州金融機関に対する懸念が払しょくされれば、市場ではリスクを積極的に取る流れへとつながり、豪ドル/円の上昇が見込まれよう。一方で予想以上に欧州金融機関の不合格が多い場合、軟調な展開となることも考えられる。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ