G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

6月18日(金)カナダ/円

【今日のトピック】
国内外の利上げ環境が整うかに注目

【基調】
やや堅調

【目先の注目材料】
・主要国の株式市場、商品市況
・6/18 加5月景気先行指数
・6/22 加5月消費者物価指数

【本文】
現在のカナダ経済は失業率が徐々に低下、5月31日に発表されたGDP(国内総生産)では前期比年率が+6.1%と1999年第4四半期以来の上昇となっている。またG7参加国の中ではリーマンショックによる国内経済への打撃が少なかったこともあり、参加諸国の中では一足先に利上げに踏み切るなど、堅調な国内景気に支えられている。

16日にカーニー加中銀(BOC)総裁は講演の中で、今後の政策金利引き上げは「事前決定されていない」と述べ、今後の利上げ見通しについては明らかにしなかった。そして欧州経済が再び悪化する可能性を指摘しており、現状ではBOCが利上げを行う上で、外的要因として欧州経済の動向にも注意している様子である。しかしここ数日はユーロ圏経済への懸念が後退する中、本日はカナダ5月の景気先行指数の発表が予定されている。同指標について今回の市場予想は前月比+0.7%となっており、昨年7月以降は前月比で+0.7%から+1.4%にて推移している。もし今回は前月比で+1.4%を上回るサプライズとなれば、好調な国内景気が確認されることで利上げ期待が後押しされ、カナダ/円に買いが入る展開が予想される。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ