G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

5月20日(木)NZドル/円

【今日のトピック】
買い材料が出るも地合いの悪さが目立つ

【基調】
軟調

【目先の注目材料】
・主要国株式市場
・豪ドル/円相場

【本文】
20日、NZ政府は2010-11年度予算を発表した。主な内容は
@法人税を現行の30%から28%に減税
A2011年度のGDP(国内総生産)予測を従来の2.4%から3.2%に上方修正
B2015-16年には財政黒字に転換する見通し
となっており、特にGDPの上方修正が好感されてNZドル/円が買われる場面が見られた。

だが現状は各国の景況格差よりも、ユーロ圏の財政赤字問題に端を発するリスク回避の動きが市場を覆っており、積極的にリスクを取りにくい環境にある。そのため隣国の豪ドルは下げが止まらず、それに伴いNZドルにも下落圧力が掛かり、連れ安となっている。

現在の地合いがリスク回避に傾いている以上、株安やドル/円、豪ドル/絵の下落や売り材料への感応度は高い一方、買い材料への反応は遅れがち、もしくは反応できない展開が予想される。この地合いは現在の流れが変わるまで続くと見られ、NZドルも反発に転じるまで時間がかかる可能性がある。

なおNZドルは現在、6月10日のニュージーランド準備銀行(RBNZ)政策金利発表での利上げ期待が高まっており、クレディ・スイスが算出する金利先物指数における利上げ確率は70%前後と予想されている。もし利上げ期待が遠のく場面が出れば、NZドルには一段の売り圧力がかかる展開も想定される。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ