G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

5月6日(木)ランド/円

【今日のトピック】
失業率の悪化をうけ利下げ観測が浮上

【基調】
軟調

【目先の注目材料】
・主要国株式市場、商品市況、ユーロ/ドル相場
・5/7 米4月雇用統計
・5/13 南ア準備銀行(SARB)政策金利発表
・ギリシャを始めとした一部欧州国の財政赤字問題

【本文】
ランド/円はギリシャなど欧州でのソブリンリスクの再燃に加え、4日に発表された南ア第1四半期失業率が25.2%と前回(24.3%)よりも悪化したことを受け、市場ではSARBが利下げに踏み切るとの観測が浮上。これによりランド/円が軟調な展開となっている。

直接的な原因は失業率の悪化であるが、前週に発表された南ア3月の消費者物価指数は前年比+5.1%と市場予想(+5.2%)や前回(+5.7%)を下回る結果となり、インフレ懸念が後退。しかもSARBがインフレ目標としている3から6%の中に収まっていることも、早急な利上げの必要性がないことを示している。その中で失業率の悪化が伝えられたことにより、利下げ観測の浮上につながったようである。

なおSARBの政策金利発表は13日のため、まだ時間はあるものの、南ア国内では主だった経済指標の発表が予定されておらず、今回の失業率がもたらすインパクトとしては小さくないとみられる。そのため来週の政策金利発表に向けて、市場のセンチメントの傾きには注意したい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ