G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

4月28日(水)NZドル/円

【今日のトピック】
利上げ時期を探る

【基調】
調整後の方向感模索

【目先の注目材料】
・主要国株式市場、商品市況、ユーロ/円相場
・ギリシャ支援関連報道、ユーロ圏の財政赤字に関する報道
・4/29 RBNZオフィシャル・キャッシュレート、NZ3月貿易収支

【本文】
NZドル/円は他のクロス円と同様、ギリシャやその他ユーロ圏に対する財政懸念を中心としたリスクを意識しながら取引される展開が続いている。この流れは当面続く公算だが、29日の朝に関しては、NZ中銀(RBNZ)のオフィシャル・キャッシュレート(政策金利)や、同国4月貿易収支の発表が予定されており、NZドルが独自材料の材料で動く可能性がある。

今回のRBNZ理事会において、政策金利は現行の2.50%に据え置かれるとの見方が大勢を占める。ただ、市場では6月もしくは7月の利上げを予想する声が高まってきており、政策金利と同時に発表される声明文の内容に注目が集まっている。

金融政策の変更について、3月時点の声明文では「2010年の半ば頃に刺激策を解除し始めると我々は引き続き予想する」と表記されている。「6月ないし7月の利上げ」はこの文言のままでも成立するため、特に文言の変更がなければ、これまでの見方が維持されるとみられる。ただ、NZ経済の先行きや刺激策の解除に関して慎重な見方の文言があれば、利上げ期待が後退し、NZドル売りになるものと考えられよう。4月に発表された主要経済指標には弱い結果が目立つ状態なだけに、弱い材料には比較的反応しやすいとみる。

一方、6月の利上げ観測を後押しするような文言に変更された場合は、NZドル買いで反応するものと考えられる。しかし、ユーロ圏関連のリスクが強く意識されている中で積極的にNZドルを買い進める動きは考えにくく、上値は限定されよう。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ