G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

3月26日(金)豪ドル/円

【今日のトピック】
利上げ期待は高まるか注目

【基調】
緩やかに上昇

【目先の注目材料】
・3/31 豪2月小売売上高、2月住宅建設許可
・4/1  豪2月貿易収支
・ドル/円相場、ユーロ/ドル相場

【本文】
今月25日にロウ豪準備銀行(RBA)総裁補佐から豪州経済について強気な見方が出た事により、市場では4月6日に予定されているRBA理事会での利上げ期待が高まりつつある。加えてドル/円が90円から91円のレンジを上抜けたことも豪ドル/円には追い風となっており、豪ドル/円は25日には84円64銭まで上昇した。

今のところ豪経済の好調さを示す経済指標が多いものの、4月6日のRBA理事会までは少し時間がある。そのため利上げの時期を見極める上で、来週の豪国内で発表される経済指標には注目したい。

テクニカル面では2月5日からの緩やかな上昇トレンドが継続。その2月5日からのトレンドライン(3月26日現在81.30円前後)を割った場合、約2カ月弱続いた上昇トレンドが終了する可能性があり、まずは200日移動平均(同、80.30円)やボリンジャーバンド下限(同、79.86円)が近い80円の節目を目指す下押しの動きが予想される。

反対に上昇トレンドが続いた場合、85.29円(昨年10月23日安値)や86.18円(今年1月11日高値)が見えてくるものの、まずは25日の上ヒゲ(84.11円から84.64円)をローソク足の実体部が埋めてゆく展開となるか注目したい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ