G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

3月24日(水)NZドル/円

【今日のトピック】
GDPは前年比プラスとなるか

【基調】
レンジブレイクの材料待ち

【目先の注目材料】
・主要国株価、国際商品価格
・豪ドル/円相場、ドル/円相場
・3/25 NZ第4四半期GDP
・3/26 NZ2月貿易収支

【本文】
NZでは、今朝の財政収支に続き、明日25日には第4四半期国内総生産(GDP)、26日には2月貿易収支が発表される。今朝発表された財政収支は対GDP比で2.9%の赤字と、前期(3.1%の赤字)よりは改善したものの、市場予想(-2.0%)よりは弱い数字となったことで、発表直後はNZドル売りに傾いた。ただし、25日発表のGDPを控えて売りは一時的なものに留まり、その後のNZドル/円はもみ合いに終始している。

日本時間25日6時45分に発表される第4四半期GDPは、前期比+0.8%、前年比+0.4%になると予想されている。前年比ベースでのプラス成長となれば6四半期ぶりで、期待は高いと言えるだろう。11日にニュージーランド準備銀行(RBNZ)のボラード総裁は利上げを急がないとの意向を明らかにしているが、予想以上にGDPの結果が良いようならば、利上げ期待が一部で高まると考えられる。そうなればNZドル/円は足元の上値抵抗線である64.00円を突破する可能性もある。
一方、予想に反してマイナス成長となった場合は、失望感から3月中旬からの下値支持線である63.00円を割り込んでしまうこともあり得るため、リスク管理には気を配りたい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ