G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

3月4日(木)ユーロ/円

【今日のトピック】
不安要素の後退とリスク許容度は追い風となるか

【基調】
いったん反発も上値が重い

【目先の注目材料】
・ユーロ/ドル相場、ドル/円相場
・主要国株価、国際商品価格
・3/4 欧州中銀(ECB)金融政策発表、トリシェECB総裁の記者会見
・3/5 米2月雇用統計

【本文】
昨日ギリシャが48億ユーロに上る追加の緊縮財政策を発表したことにより、市場ではユーロを取り巻く不安要素がひとつ取り除かれたことで下値不安が後退し、ユーロ/円は底堅い動きとなった。しかし本当の問題はこれからであり、今後ギリシャが計画通り財政赤字が削減できるのか、進捗状況を注視する必要がある。そのため今後何かのタイミングでギリシャ問題が蒸し返され、ユーロ売りの口実になることは十分に考えられる。

本日はECB理事会が予定されている。政策金利の変更を見込む声はなく、市場の関心は政策金利発表後に行われるトリシェECB総裁の会見に注目が集まっていると見られ、ギリシャの債務問題や現在の緩和気味の金融政策についての言及があるのかが注目されそうである。

テクニカル面では先週から今週にかけ下値が119円台で止まり、119円台での下値の堅さが意識されたことから、目先は反発局面に入る可能性が出てきた。 しかし20日移動平均が下向きであることから下落トレンドが終了したと判断する材料には乏しいため、まずは上値を試す形で122円前半や125.24円(2月22日高値)での攻防に注目したい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ