G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

10月3日(金) ドル/円

【今日のトピック】
決戦は金曜日

【基調】
イベント待ち

【目先の注目材料】
・10/3 米下院の金融安定化法案採決、米雇用統計
・米、欧、英、カナダ、豪州、NZの利下げ観測

【本文】
目下の最大の争点はなんといっても米下院での金融安定化法案の採決だ。29日に下院で大方の予想に反して同法案が否決されたことで、米株価が過去最大の下落幅を記録しているだけに、市場では採決の行方に神経を尖らせている。2日の上院での可決後には安心感からドルが下落。昨日の米国株式市場は3%以上下落し、先行き懸念の根強さを改めて印象付けた。本日の下院での採決では法案が可決される公算が強いが、仮に法案が否決された場合はマーケットの大混乱は必至だ。可決された場合は市場の緊張が和らぎ、一旦は株、ドルともに大きく上昇する可能性があるが、再び悲観論が台頭するのは時間の問題だろう。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ