G.COMデイリーレポート

G.COMデイリーレポート

9月29日(月) ドル/円

【今日のトピック】
金融安定化法案発表でドル買い優勢となるか

【基調】
底堅い

【目先の注目材料】
・米国金融市場の動向
・9/30 米9月シカゴ購買部協会景気指数
・9/30 フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
・9/30 ホーニッグ・カンザスシティー連銀総裁講演
・9/30 ロックハート・アトランタ連銀総裁講演

【本文】
先週米国議会でまとまらなかった金融安定化法案が、ようやく米下院金融サービス委員会にてその全文が発表された。この法案は最大7000億ドルの公的資金で住宅ローンや住宅ローン担保証券など金融機関の不良資産を買い取ることを柱としている。

これによって、先週末まで軟調だったドル円相場が下げ止まり、今週は106円台で取引開始となった。その後もドル円は底堅く推移しているが、欧米勢が取引に参入してくる時間帯になれば、金融安定化法案発表を受けたドル買いがさらに入ってくることも予想されており、それがどこまでドル円相場を押し上げるかに注目したい。

バックナンバー

●当社提供のレポート類について
本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

のりかえ&おかえりキャッシュバックキャンペーン

口座開設キャッシュバックキャンペーン

高金利通貨キャッシュバックキャンペーン

業界最狭水準スプレッド

魅惑の通貨ペア、トルコリラ円

スワップポイント一覧

メキシコペソ/円のポイント

ポンド/円トレードを斬る

FXブログ